YOUCHOOSE

about

Formula One 2017(21)2017.12.01

アブダビGPは、ボッタスがポール・トゥ・ウィンを飾った。
ボッタスは、レース中一度も首位の座を脅かされることなく走りきった。
2位には、3.9秒遅れでハミルトンが入り、メルセデスは久々のワン・ツー・フィニシュを果たし、申し分ない形で2017年シーズンを締めくくった。
ここでまた、ハミルトンが優勝していれば、ボッタスのパフォーマンスにクエスチョン・マークがつくところだったが、ボッタスはコースによってはハミルトンより速いことが証明してみせた。
どうやら、ボッタスは、直角コーナーが得意らしく、直角コーナーが多いアブダビでは速かった。

フェッテルは、ボッタスから19.3秒遅れの3位でゴールした。
ライコネンは、フェッテルから更に26秒遅れで4位に、フェルスタッペンは、ライコネンから0.9秒遅れの5位に終わった。
リチャルドはリタイヤしたので、トップ3チームの5人が上位を占めたことには変わりがない。
今年は、シーズン中盤からメルセデスとフェラーリの差が小さくなり、シーズン終盤にはレッドブルも上位2者に追いついてきたかに見えた。
しかし、最終戦だけをとってみればメルセデスとフェラーリ・レッドブルの差は大きかった。
耐久性も含めたパフォーマンスで考えると、メルセデスPUはフェラーリPUとルノーPUに対して、まだまだ少なからぬマージンを持っている。
2018年からは、1シーズンに、ペナルティなしで使えるパワーユニットの数が1基減って3基となるから、メルセデスの優位は続くようにも見える。

もうひとつのチャンピオンシップといわれた中盤以降のチームの順位は、今回も、ヒュルケンベルグが非凡なところを見せて、ルノーを6位に導いた。
7位と8位は、シーズンを通じてセコンド・チャンピオンシップ・グループの中では最もコンスタントに速かったフォースインディアのペレスとオコンが入った。
8位に入ったのは、マクラーレン・ホンダのアロンソだった。
アロンソは11番グリッドからスタートして粘り強く戦い、ブラジルGPではどうしても抜けなかったマッサの前に出ることに成功した。
マッサは、アロンソに抑えられ3.4秒後に10位でゴールした。

やっと長いシーズンが終了したが、来シーズンに向けた準備はもう始まっている。
ドライバーのラインアップが確定していないのは、ウイリアムズとザウバー各1名のみとなっている。
2018年シーズンは、レギュレーションの変更は少ないが、PUはマクラーレンがホンダからルノーに、トロロッソがルノーからホンダに変更となる。

アブダビGPの直後にグランプリコースでは、F1のピレリ・タイヤテストと来年オF2ドライバーのテストが行われる。2月下旬以降の2018年F1テストまで僅か80日ほどしかない。
2018年は、新レギュレーションになって、5年目の年となる。少なくとも、5チーム10人のドライバーが優勝を争うようなチャンピオンシップ展開を期待したい。

2017 ©Yukichi Otsuka, All Rights Reserved

POSTED BY:
otsuka_image

YUKICHI OTSUKA/大塚雄吉

Formula One 2017(20)2017.11.24

ブラジルGPは、フェッテルが巧みにレースをコントロールして優勝した。
フェッテルは、2番グリッドから見事なスタートを切り、1コーナーの道幅が狭くなるところまでにトップに立ってからは、事実上一度もトップの座を譲ることなく、2位のボッタスに2.76秒差をつけてゴールした。
3位にはボッタスから1.84秒遅れてライコネンが入った。
ライコネンから僅か0.87秒遅れて4位でゴールしたのは、ピットスタートから驚異的な追い上げを見せたハミルトンだった。
今回、コースに巧く合わせこめなかったレッドブルはフェルスタッペンが5位、1周目のアクシデントに巻き込まれたリチャルドが6位でゴールした。

レッドブルの二人は、フェッテルから30秒以上離されていた。
母国のレースで踏ん張ったマッサは7位でゴールした。
アロンソは、6番グリッドからのスタートで1周目にはポジションをひとつ上げて5番手を走行していたが、ハミルトンやリチャルドといった速いマシンに先を越され、7番手争いをマッサと繰り広げていた。
もう少しと言うところまでいったが、結局マッサの前に出ることはできず、8位に終わった。
ペレスはアロンソに攻め落とされ9位、ヒュルケンベルグは1周遅れの10位となった。

フェラーリが信頼性を取り戻し、メルセデスを上回るほどではないが、戦い方によっては、メルセデスを打ち負かすことが可能になっている。
今回、メルセデスのハミルトンは、チャンピオンを決めた気の緩みでもないだろうが、予選Q1中にスピン、クラッシュして、予選ノータイムに終わり、ピットスタートとなった。
もし、ハミルトンが予選Q1でスピンせずにQ3まで戦っていたら、メルセデスに1番グリッドと2番グリッドを獲られていた可能性もあり、そうなれば、フェッテルもスタート直後にトップに出ることができず、違ったレース展開となっていたかもしれない。

F1レースは、ドライバー、マシン、PU 、タイヤ、レース戦略、コース特性、気候変動、アクシデントなどの要素が複雑に絡まりあって、結果が出るが、現在のレギュレーションが適用されてからの3年間は、メルセデスのマシン+PUが圧倒的に強く、市街地コースとか天候が不順であるとか、アクシデントがあってリタイヤが続出するとかことがない限りメルセデスを駆るドライバーが優勝していた。
4年目の今年になって、やっと、フェラーリとレッドブルのマシンはメルセデスに近づいたが、結局チャンピオンに輝いたのは、ハミルトンとメルセデスだった。
来シーズンは、トップ5チームぐらいの混戦が期待される。

次は、アブダビGPだ。
最終戦のアブダビGPでチャンピオンが決まったシーズンもあるが、今年はもうチャンピオンは決まっているので、アクシデントを避けて優勝を逃してもポイントを稼ぐという必要がない。
これが最後のレースなので、PUを次のレースのために温存するということもないので、目いっぱい飛ばせる。
アブダビのコースは、中速コーナーが多いので、コーナリング・マシンとなった今年のF1の速さを楽しむことができる。
ドライバーは、長時間横Gに耐えなければならないので大変だろうが・・・。

アブダビGPは1位リチャルド、2位フェッテル、3位アロンソ、4位ボッタス、5位ライコネン、6位オコン、7位ヒュルケンベルグ、8位ガスリー、9位マッサ、10位グロージャンかな。

2017 ©Yukichi Otsuka, All Rights Reserved

POSTED BY:
otsuka_image

YUKICHI OTSUKA/大塚雄吉

Formula One 2017(19)2017.11.10

メキシコGPは、フェルスタッペンが圧倒的な速さを見せて優勝した。
そして、ハミルトンは、スタート直後のアクシデントのため最後尾まで後退したが9位まで挽回し、同じくアクシデントのために後退したフェッテルが4位に終わったので、2017年のチャンピオンが確定した。
メキシコGPの2位にはフェルスタッペンから19.7秒遅れてゴールしたボッタスだった。
3位にはボッタスから更に34秒遅れてライコネンが入った。

メキシコでのレッドブルとフェルスタッペンの速さは際立っていた。
パワーユニット・サプライヤーとしてのルノーはメキシコGPに関して信頼性よりパフォーマンスを重視したPUセッティングを施していたようで、6台のマシンのうち、トラブル・フリーで決勝レースを戦うことができたのは、フェルスタッペンのレッドブル・ルノーとガスリーのトロロッソ・ルノーの2台だけだった。
ガスリーも、金曜日のプラクティスから予選を通じての二日間、PU・トラブルで殆ど走ることができなかった。
シーズン中盤まで、PUトラブルでレースを走れなかったことが多かったフェルスタッペンは、やっと運が巡ってきたというところだ。

今回のフェルスタッペン+レッドブルは、予選から速さが際立っていた。
予選Q1とQ2でトップタイムを出し、フェッテルが渾身の走りでトップタイムをたたき出すまでは、Q3でもトップタイムを維持していた。
Q3のタイムは、予選3番手のハミルトンより0.36秒速いタイムだった。
パワーに勝るメルセデスにたいして、予選で0.36秒速いとは驚異的だ。
レッドブルは、ルノーやトロロッソといった他のルノー勢よりも、空力性能が高いだけでなく、燃料組成面でもパワーアップしているので、コースによってはメルセデスと互角に戦えるのだ。
それでも、フェルスタッペンの才能なしにしてはこのタイムは出なかっただろう。

決勝レースは、スタート直後の攻防で殆どが決まってしまった。
2番グリッドのフェルスタッペンは、ポールポジションのフェッテルをアウト側からかぶせて鼻先で抑え、トップに立った。
3番グリッドのハミルトンにも先を越されそうになったフェッテルは、ハミルトンと接触した。
両者とも修復とタイヤ交換オためにピットインせざるを得なくなった。
唯一の逆転の機会であったタイヤ交換のタイミングも、32週目にバーチャル・セフティカーが入り、1周目のアクシデントで早めにピットインせざるを得なかった車は、他者が中盤でピットインするときに走り続けて前に出るという作戦が成立しなかった。
このため、フェッテルとハミルトンの下位ポイント獲得のための追い上げが、チャンピオンシップ争いとなってしまった。

次は、ブラジルGPだ。ブラジルGPの行われるインテルラゴス・サーキットは、左回りで高低差があり、特に第1コーナーは下りながら左に曲がっているので絶好のパッシング・ポイントだ。
ここでは、グランプリ・デーが雨に見舞われることも多い。ブラジル人F1ドライバーはマッサだけだが、マッサにとってはこれが最後の母国F1レースとなりそうだ。
マッサには、何位でゴールしてもメインストレートでドーナッツ・ターンを見せてほしいし、マーシャルもいちいちとがめないでほしい。

ブラジルGPは1位フェッテル、2位リチャルド、3位ハミルトン、4位マッサ、5位ボッタス、6位ライコネン、7位バンドールン、8位オコン、9位サインツ、10位アロンソかな。

2017 ©Yukichi Otsuka, All Rights Reserved

POSTED BY:
otsuka_image

YUKICHI OTSUKA/大塚雄吉

Formula One 2017(18)2017.10.27

アメリカGPは、ハミルトンが完勝した。
ポールポジションのハミルトンに対して2番グリッドのフェッテルはスタート直後にハミルトンの前へ出て一時はトップを走ったが、フェッテルがどうにかできるのはここまでだった。
フェッテルは、6周目にはハミルトンに抜き返され、マシンの性能差から抜き返すことはできず、ハミルトンから10秒遅れの2位でゴールした。

3位になったのは、ファイナルラップでフェルスタッペンに抜かれたはずのライコネンだった。
フェルスタッペンは、残り19周というところでピットインしてスーパーソフトに履き替え、驚異的なペースで追い上げて、ライコネンを抜き3位になったはずだった。
ところが、ライコネンを抜く際にコーナーをショート・カットしたとして5秒加算ペナルティを獲られ、4位となった。
これは、フェルスタッペンがライコネンよりも巧いというわけでもなく、ファイナルラップ時点で、フェルスタッペンは19周目のスーパーソフトであったのに対し、ライコネンは36周目のミディアムタイヤだったからコーナーでシャープなライン取りはできない状況にあったからだ。
とはいえ、レースを通じてフェルスタッペンの速さは際立っていた。フェルスタッペンは予選6番手だったが、PUパーツ交換により10グリッド降格ペナルティを受け16番グリッドからのスタートになっていた。
フェルスタッペンは1周目13番手、5周目9番手、10周目7番手、15周目にはついに5番手まで浮上したのだ。
これによってソフトタイヤで走る周回数を短くして37周目にスーパーソフトに履き替えて最後の猛追撃をすることが可能になった。
おかげで、アメリカGPは見ごたえのあるレースになった。

5位には、最近、ハミルトンとの差が際立ち始めたボッタスが入った。
ボッタスはこのままハミルトンと肩を並べる位置までパフォーマンスを戻せないと、ナンバーツー・ドライバーとして定着してしまう。
このところ、コンスタントに上位入賞を重ねるオコンが6位でゴールした。
7位にはいったのは、サインツだ。サインツはトロロッソでのパフォーマンスを買われて、シーズン途中のアメリカGPからルノーに移籍した。
そして、移籍第1戦で、見事、7位に入賞して見せた。サインツはあと少しでオコンを抜けるところだったがオコンが踏ん張った。

ハミルトンとフェッテルのポイント差は、更に広がって、66となった。
ハミルトンは、次のメキシコGPで5位内に入れば、フェッテルの結果に関わらず2017年のチャンピオンが確定する。
今シーズンも残り3レースとなった。

次は、北米から中米に移動して、メキシコGPだ。海抜2000メートルの高地にあるサーキットなので空気が薄い。
PUのセッティングは難しく、PUパワーによる差が出やすい。
ホンダは、かつて、メキシコGPを得意中の得意としていた。
ホンダF1が最初に優勝したのはメキシコGPだ。
当時、他のF1エンジンの3割増のパワーがあったとされるエンジンを高地にあわせて巧みに調整し、初優勝した。
ターボF1時代には高い過給気圧で圧倒的優位に立っていた。
残念ながら今のホンダPUはメキシコが苦手らしい。

かつて、メキシコ人F1ドライバーといえば、ペドロ&リカルドのロドリゲス兄弟だった。
今は、メキシコ人F1ドライバーといえばセルジオ・ペレスだ。ストリート・コースを得意とし、タイヤをもたせるのが巧いドライバーだが、最近はチームメイトのオコンに先行されることが多くなった。
ペレスにとって、今年のメキシコGPはホーム・レースでもあるし、F1ドライバーとしての正念場でもある。

メキシコGPは1位フェッテル、2位リチャルド、3位ボッタス、4位フェルスタッペン、5位ペレス、6位ライコネン、7位バンドールン、8位オコン、9位マッサ、10位サインツかな。

2017 ©Yukichi Otsuka, All Rights Reserved

POSTED BY:
otsuka_image

YUKICHI OTSUKA/大塚雄吉

Formula One 2017(17)2017.10.20

日本GPは、ハミルトンが強いレース運びを見せて優勝した。
これで、ハミルトンは、今年のチャンピオンシップを手にしたのも同然だ。
唯一、ハミルトンのチャンピオンシップ獲得を阻止しうる存在であったフェッテルは、スタート前からフェラーリPUの調子がよくなかったようでスタート直後に4番グリッドのフェルスタッペンに易々と先行された。
フェッテルは、5週目にリタイヤしてノーポイントに終わった。
リチャルドはグリッドどおりの3番手で1周目を終えた。
結局、このままの順位でレースは進行し、表彰台に登ったのは、ハミルトン、フェルスタッペン、リチャルドの三人だった。

こう書くと、ハミルトンは、日本GPに楽勝したように見えるが、決してそうではなかった。
今回のハミルトンの勝利は、終盤にあった二つの幸運に助けられた。
一つ目の幸運は、レース最終盤の51周目に、10位争いをしていたマッサとアロンソを周回遅れにした時だった。
フェルスタッペンは、ハミルトンをもうちょっとで捉えるところまで迫っていたが、周回遅れが中に入ったことで、抜くチャンスを失ってしまった。
あと5周あればチャレンジできただろうが、レースは53周で終わってしまった。
二つ目は、ファイナルラップ近辺になって、ハミルトンのメルセデスのPUから異常を示す信号が出ていたことだ。
レース終了があと5周先だったら、ハミルトンはコース上にマシンを停めることになって、ノーポイントに終わっていたかもしれない。
しかし、ハミルトンがこの二つの幸運のおかげで勝利したわけではない。
ハミルトンが幸運を生かすことができたのは、鈴鹿におけるドライビングの弱点を修正し、全力で予選に取り組み、初のポールポジションを獲っていたからに他ならない。

フェッテルは、肝心要のアジア3連戦で、勝てる試合を三つともノーポイントで落としてしまった。
シンガポールでは、フェッテル自身がスタート直後の接触で失い、マレーシアと日本ではフェラーリのPUトラブルによって失った。
シンガポールは、絶対に優勝しなければあとがないという余裕のなさが原因であろうし、PUのトラブルは、フェラーリがメルセデスのパワーに追いつくために信頼性を少し犠牲にして攻めすぎたことが原因だろう。
日本GP終了時点でハミルトンとフェッテルのポイント差は59となった。
ハミルトンも、メルセデスも、優勝するために無理をする必要はなくなった。

次は、太平洋を越えて、アメリカGPだ。
オーバル中心のアメリカン・レーシングとは趣きの異なるF1レースだが、オースティンでのF1レースは今年で6年目になる。
オースティンのコースは、摩擦係数が低い目の路面を持つテクニカルなコースだ。
スタート地点から坂を駆け上がり、1コーナーは左のタイト・ターンだがラインが多く意外とパッシングが可能だ。
パワーユニット依存度が少ないコースでもある。
最近、シャシー性能の進化が著しいレッドブルがどのようなパフォマンスを見せてくれるか楽しみだ。
鈴鹿では、2台そろって入賞したハースにとってはホームグランプリだ。

アメリカGPは1位フェッテル、2位リチャルド、3位アロンソ、4位フェルスタッペン、5位ボッタス、6位ライコネン、7位バンドールン、8位ペレス、9位グロージャン、10位サインツかな。

2017 ©Yukichi Otsuka, All Rights Reserved

POSTED BY:
otsuka_image

YUKICHI OTSUKA/大塚雄吉

1 2 3 4 5 6 ... 31