YOUCHOOSE

about

KEISUKE KAWANISHI 河西啓介
株式会社Voice Publication代表取締役「MOTO NAVI」「BICYCLE NAVI」編集長
自動車のスクープ雑誌からモータージャーナリストの道を歩みはじめ、「CAR GRAPHIC」で有名な出版社・二玄社へ。自動車雑誌「NAVI」編集者を経て、現在はオートバイ&ファッション誌「MOTO NAVI」、自転車&ファッション誌「BICYCLE NAVI」の編集長兼「DYNAMITE POPS」のリードヴォーカリスト。

オートバイが夢見た時代2010.11.02

「55mph」

 20年ほど前、『55mph』というオートバイ雑誌があったのを知っているだろうか?
雑誌といっても書店に並ぶ本ではなく、ヤマハが申込者に有償配布していたPR誌だ。
1981年からちょうど10年間、年1冊のペースで発行されていた。

 そういう僕も、じつは刊行されていた当時読んだことがなかった。
知り合いが綺麗に保存していたバックナンバーを借りて、あらためて目を通したのはわりと最近のことだ。

 各号の巻頭記事は、アメリカ、イタリア、スペイン、オーストラリア、ニュージーランドといった海外のロケ取材。
その他の記事もファッション、ルポルタージュ、小説、モータースポーツ関連と多岐にわたり、執筆陣は片岡義男、松山猛、山川健一、景山民夫、柏秀樹(敬称略)といった一流の作家、ジャーナリストがずらりと顔を揃えている。

加えて写真がまた素晴らしい。
メインフォトグラファーを務めているのは当時、ファッション界で活躍していた半田也寸志、森川昇といった写真家で、彼らが撮り下ろす“オートバイのある風景”は、いま見てもとても新鮮だ。

 エディトリアルデザインの世界では有名な、ダイアモンドヘッズ鈴木氏が手がけたページレイアウトにも唸ってしまう。
ついつい狭苦しい誌面(オタク的、と言おうか)になりがちな専門誌とは対照的に、写真を大胆に配したそのレイアウトは、アメリカのフリーウェイの制限速度に由来するという『55mph』というタイトル通りの大陸的な空気感に包まれていて、誌面から気持ちのいい風が吹いてくるようだ。
初めて読んだ瞬間から、たちまちその世界に引きこまれてしまう。

 そして、表紙に“MOTORCYCLE UTOPIA”というキャッチコピーを謳うこの雑誌を、ヤマハという二輪メーカーが制作していたということにあらためて驚きを感じずにいられない。
自社製品のPRという枠を超えて、オートバイという乗り物の素晴らしさを伝えるために、これだけの予算や手間をかけて誌面を作っていたその見識に対してである。

 思えば80年代とはそういう時代だったのかもしれない。
雑誌に限らず音楽やアート、あらゆるポップカルチャーのジャンルにおいて、今も色褪せないスケールの大きな作品が数多く生まれた。
そしてオートバイという乗り物がキラキラと輝いていたのもその10年間だった。

 あの時代の空気を吸って育った僕らだからこそ、知っているオートバイへの憧れや想いがある。時代を超えてそれを伝えることが、きっと雑誌にはできるはずだと思う。

POSTED BY:
kawanishi_image

KEISUKE KAWANISHI/河西啓介
株式会社ボイス・パブリケーション・「MOTO NAVI」「BICYCLE NAVI」編集長

私は雑誌で、人生変わりました。2009.07.17

僕は活字大好きなのですが、読むのは書籍より雑誌のほうが圧倒的に多いのです。自分の手がけているジャンルの専門誌だけでなく、男性誌、ファッション誌、スポーツ誌、経済誌、女性誌に至るまで、ちょっと気になった雑誌はなるべく目を通すようにしています。月におよそ30冊は読んでいる(見ている?)んじゃないかな。

まあ僕の場合、いまは雑誌を作るということを生業としていますから、当然なのかもしれません。きっと「本と出会って人生が変わった」という人は少なくないと思いますが、僕の場合は、「雑誌と出会って人生が変わった」という感じでしょうか。で、ちょっと手前味噌になってしまいますが、僕の人生に大きな影響を与えたのは、他ならぬ「NAVI」という自動車雑誌なのです。

僕らの世代が社会人になった80年代後半から90年代は「就職したらまずクルマ」というのがお約束の時代。僕もさっそくアウトビアンキA112という中古のイタリア車を手に入れ、嬉々として乗り回していたのですが、そんなときに出会ったのが「NAVI」でした。

他の自動車雑誌の誌面がほとんどニューモデル情報や試乗インプレッションなどで構成されていたのに対して、NAVIはクルマという乗り物を通して「世の中」を見てみよう、クルマを文化的な見地から考えてみよう、というまったく異質な存在でした。書き手も浅田彰さん、田中康夫さん、神足裕司さんなどの文化人や作家をはじめ、あの宮崎駿さんがマンガを描きおろすなど(宮崎さんはご自分の事務所名を愛車のシトロエン2CVに由来とする「二馬力」とするほど、大のクルマ好きなのです)、雑誌自体が自動車を媒介とした「サロン」のような雰囲気を醸し出していて、当時20代前半だった僕はそうした人たちに憧れつつ、クルマを通じて世の中の見方、考え方を教わったような気がします。

 結局、僕は「NAVI」編集部の門を叩き編集者へと転職。その後、NAVI編集部を経て、オートバイや自転車専門誌の世界にも“NAVI的”な価値観を持ち込みたいと「MOTO NAVI」「BICYCLE NAVI」を手がけるに至るわけですが………。

思えばあの当時はまだインターネットという概念がなく、本や雑誌こそが大きなな情報源であり、またそこから発信されるメッセージの力も大きかったんですよね。現在では書籍はともかく、雑誌の世界は大部分がコマーシャリズムに支配されて、なかなか筋の通った雑誌が成立しにくい時代。それゆえ「雑誌と出会って人生が変わった」という経験もなかなかないと思います。ですが「NAVI」という雑誌に人生を狂わされた(?)僕としては、「読んで人生が変わった」とまでは言わずとも、少なくとも自分の作った雑誌を読んでくれた人の生活が少しでも楽しく、豊かになったらいいなと、そんなことを思って作っているのです。

POSTED BY:
kawanishi_image

KEISUKE KAWANISHI/河西啓介
株式会社二玄社・「MOTO NAVI」「BICYCLE NAVI」編集長

BICYCLE NAVI No.372009.06.18

BICYCLE NAVIは「これから自転車生活を楽しみたい」、「もっと自転車の楽しみを知りたい」というみなさんをナビゲートする雑誌です。ハードウェアだけでなく、自転車を軸とした衣・食・住、つまり「自転車のある生活」の楽しさを提案するバイシクル・ライフスタイル誌です。

No.37号の巻頭特集は「小径車が大好き!」
タイヤが小さいというだけで、なんだか気軽に楽しめる気がしてしまう小径車。 いまどきのミニベロは「コンパクト」なだけではありません。モールトンのような高級車から、ロード顔負けの走りの楽しめるもの、デザインコンシャスなピスト風モデルまでさまざま。 B-NAVIは「大人のスモールホイールライフ」を提案します!

POSTED BY:
kawanishi_image

KEISUKE KAWANISHI/河西啓介
株式会社二玄社・「MOTO NAVI」「BICYCLE NAVI」編集長