YOUCHOOSE

about

TSUGIO NISHIMURA 西村次雄
フォトグラファー
1973年、九州産業大学芸術学部写真科卒。同年渡米。1979年、「STUDIO BB」を設立。デジタルの可能性にいち早く気づき、雑誌・広告を中心に一眼レフカメラを駆使して活躍中の”IT写真家”である。建築物、料理、人物、商品、そして動物・植物・昆虫と被写体の幅も極めて広い。

ナベズル(出水市)2021.01.25

日本一のツルの渡来地、鹿児島県出水市には午前6時30分到着。大寒の朝焼けの空を見上げると、夥しい数のツルが餌場に向かって飛翔している圧巻の光景。持って来ましたバッテリー5個、夜明けから夕暮れまで10時間ほど撮りまくりの図である。
令和3年1月18日〜21日の合計17315羽、ツル観察センター発表。

この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(出会う確率が低い☆☆☆)」
「狙いを明確にする」
ただ闇雲に撮影していても、同じ様なシーンばかりになってしまいがちです。ナベズルの生態を調べ、撮りたいシーンを拾っていきます。載せたいシーンは沢山あれセレクト。
1) 朝焼けの飛翔、天候ごとの光景を狙う(出水市の風景を取り入れる)
2) 餌場のシーン(求愛のディスプレー、シベリアへの長旅に備えて小魚を与える)
3) 夫婦か家族ごとのシーン(家族構成)
4) 夕陽に染まるツル(北帰行が狙えたら?)

キャプション
1朝焼けの飛翔 2朝日と飛翔 3Angels Ladderを上るツル 4岩下川を越えるツル 5ナベズルの飛翔 6餌場の求愛のディスプレー 7ツルの家族構成 8夕焼け小焼け塒へ向かう 9サンセットに浮かび上がるツル

撮影地
鹿児島県出水市荘2478番地4

カメラ設定
絞り値:F4.0〜F20.0、シャッタースピード:1/1250秒〜1/3200秒,ISO感度設定:200〜1600、レンズ焦点距離170mm〜502 mm、35mm換算341mm〜1006mm、露出モード:絞り優先オート、露出補正:+1.0〜-3.0、ホワイトバランス:オート、ピクチャースタイル:ビビット、Raw。

使用ソフト
PhotoshopCC21.2.3(Rawデータ現像)

使用機材

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, OLYMPUS M.40-150mm F2.8 IS PRO、100-400mm F5.0-6.3 IS+ MC-14、三脚:GITZOマウンテニア2型4段GT2542, 雲台: Really Right StuffのBH-40 Mid-Size Ballhead

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

エンジェルラダー(Angels Ladder・天使のはしご)2021.01.05

桜島の稜線上の雲の切れ目から、放射状の光のはしご(Angels Ladder)に巡り合う。右肩上がりの桜島の稜線に加え、黄金のAngels Ladder(天使のはしご)・・・縁起物です。

この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(出会う確率が低い☆☆☆)」
「スポット光の露出の塩梅」
いくつかの現象が揃わないと見られないチンダル現象(Angels Ladder)は、毎日も通い詰めてやっと出会えたシャッターチャンス。Angels Ladderの強い光に反応しアンダー露光になりがちです。モニターを確認しつつ露出補正:+1.67に設定。

撮影地:撮影地:鹿児島県霧島市福山町福山1159-2 (福山漁港より)

カメラ設定
絞り値:F11.0、シャッタースピード:1/320秒,ISO感度設定:400、レンズ焦点距離100mm、露出モード:絞り優先オート、露出補正:+1.67、ホワイトバランス:オート2、ピクチャーコントロールA

使用ソフト
PhotoshopCC21.2.3(Rawデータ現像)

使用機材

NIKON D850   AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) [ライトグレー]

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

カツオドリ2020.12.28

日本では珍しいカツオドリの採餌シーンが見られる鹿児島市の谷山港周辺。
12羽程のカツオドリが、羽を畳みロケットの様にドボッと飛び込みサッパ(カタボシイワシ20㎝程)を捕らえていた。

この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(☆☆☆)」
「サッパを咥えたシーンは一瞬」
撮影は夕刻、レンズ420㎜相当、ISO感度1600、絞F5、シャッタースピード2500に設定し連写をかける。海中に飛び込んで浮き上がると同時に、サッパを飲み込むのでシャッターチャンスは一瞬です。悩ましいのは、何処に浮きるか分からないので飛び込んだ角度で大体の目星をつけます。それにしても、こんなすごいシーンが見られるのに、この日のフォトグラファーは私一人だけで、釣り人多数。
釣り人との会話
「昨日、活き餌のサッパにカツオドリが掛かってしもてな、間違って釣り上げてしもいました、がっつい可哀想な事をしもんしたが、顔をタオルで覆って針を外して逃してやいもした」。

良いお年を

撮影地:撮影地:鹿児島県鹿児島市七ツ島1丁目6(魔猿城近くの河口あたり)

カメラ設定
絞り値:F5.0、シャッタースピード:1/2500秒,ISO感度設定:1600、レンズ焦点距離210mm、35mm換算421mm、露出モード:絞り優先オート、露出補正:-0.30、ホワイトバランス:オート、ピクチャースタイル:ビビット、Raw。

使用ソフト
PhotoshopCC21.2.3(Rawデータ現像)

使用機材

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, OLYMPUS M.40-150mm F2.8 IS PRO + MC-14

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

雨上がりのコオニヤンマ2020.06.30

雨上がり、古代ハス(大賀蓮)の花托にコオニヤンマ(♂)。
フォルムと彩に魅入られ時が止まる。

この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(☆)」
「標準レンズの自然感」
35㎜換算62㎜ならば標準レンズと言えます。この画角なら自分が見ている範囲と同じくらいなので違和感がありません。反面、広角レンズの誇張、望遠レンズの圧縮効果も得られないので使いこなすには、ちょっくら難しいレンズと言えます。そこで、標準レンズを使いこなすには、絞りと画角を瞬時に判断し、撮りたい範囲までフットワーク良く足を使わなければなりません。

撮影地:撮影地:東京都神代植物園

カメラ設定
絞り値:F4.0、シャッタースピード:1/6400秒,ISO感度設定:400、レンズ焦点距離31.0mm、35mm換算62.0mm、露出モード:絞り優先オート、露出補正:±0.3、ホワイトバランス:オート、ピクチャースタイル:ビビット、Raw。

使用ソフト
PhotoshopCC21.2.0(Rawデータ現像)

使用機材

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

初恋の味2020.05.29

小満
そよと吹く風にゆられて、若者風のヒメトガリハナバチが青紫色の唇型マツバウンランに口付け・・・。

中原中也 初夏より
扇子と香水――
君、新聞紙を絹風呂敷には包みましたか
夕の月に風が泳ぎます
アメリカの国旗とソーダ水とが
恋し始める頃ですね

松葉海蘭(マツバウンラン属)、1941年京都にて初めて採取された北アメリカ原産帰化植物。
花径は1センチ程

この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(☆☆)」
「風を読む=ゆれの対処法」
そよ吹く風には撮影ポジションと、被写体ブレのシャッター速度見極めが肝です。前後左右の風ならば撮影難度が上がりますが、左右ならば被写体に対し、水平の位置に陣取ればピンズレは少なくなる道理です。被写体ブレは使用レンズの長さも合わせてカメラブレも考慮する必要があります。ゴルフのパターに例えると、近ければ目を瞑っても入るけれど、長いパットは少し角度が狂うと大きく外れます。今回は35mm換算351.0mmですのでカメラブレが当然大きくなります。しかし、このカメラは手ぶれ補正が秀でているけれど、被写体ブレも考慮してシャッタースピード1/1250秒に設定しました。

撮影地:東京都練馬区石神井台1丁目15−6  三寳寺境内

カメラ設定
絞り値:F11.0、シャッタースピード:1/1250秒,ISO感度設定:800、レンズ焦点距離175mm、35mm換算351.0mm、露出モード:絞り優先オート、露出補正:+0.3、ホワイトバランス:オート、ピクチャースタイル:ビビット、Raw。

使用ソフト
PhotoshopCC2020使用(Rawデータ現像)

使用機材

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, OLYMPUS M.40-150mm F2.8 IS PRO + MC-14
POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

1 2 3 4 5 6 34