YOUCHOOSE

about

花の惑星2013.04.22

花には全く関心がなかったけれど、虫や鳥を観察しているといつの間にか花に取りつかれていた。
そして、あらゆる花に関する本を読みあさってきた。
その中に、植物の花は虫や動物にたとえると「生殖器」であるとある本に書いてあった。ハッ!とその言葉の裏にある「進化と戦略」に強く惹かれ、生物学と昆虫学『ジャレド・ダイアモンド、ハワード・エンサイン・エバンス』など読みあさっている。
人間の歴史は虫や植物に比べ遥かに短いけれど、生き物はどれも似たような選択による自然淘汰を繰り返し進化している事に気づかされるのである。
4月には入るとまさに百花撩乱。
花好きには園芸品種を嫌う方もおられるが、日々の暮らしの中にある花も人々の暮らしを彩っているのだから・・・。
さて、花の惑星でもあり虫の惑星でもあるけれ、そんな花達の原種をたどる花紀行もまた興味が尽きないのである。

この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(☆)」
「花を美しく撮るコツ」
あらゆる場面で花のある暮らしがある。
書店を覗くと「花の写真撮影のコツ」の題字が今まさに花盛りでデジタルカメラが身近になった証でもある。
花はシャッターを押せば写るのだけれど、その時の感動が写せていない事にガッカリ、何故上手く写せないのだろうか?と思われた事はありませんか。

花を美しく撮るコツ
1) 一番美しい花盛りを撮る。
花盛りのタイミングはまさに一瞬。
ただし、美しいなと感じる感性は人それぞれ違う訳で、咲き始めが良いとか、散り際が美しいなどと、その感性の趣くままにシャッターを押す。

2) 主役を生かす背景を選ぶ
主役にスポットライトを当てる意味合いから、背景を考慮する。環境を生かし、うるさくなりがちな背景を絞りでコントロールする。

3) チャームポイントを生かすライティングを選ぶ
花びらを透かした方が美しいのか、斜光で立体的に見せた方が良いのか見極めよう。晴れた日のふさわしい花、曇り空の柔らかい光がベストの花など、花ごとに太陽光を考慮する。迷ったら、花色は得てして日陰の方が美しく撮れますから日陰がオススメです。

使用ソフト
PhotoshopCS6使用(Rawデータ現像にも使用)

使用機材

OLYMPUS OM-D E-M5、14-42mm F3.5-5.6 ,Micro60mm
Nikon D800, 14-24mm,VR16-35mm,24-70mm,VR24-85mm,Micro60mm,VR70-200mm
Canon EOS 5D Mark II, 17-40mm,IS24-105mm ,Micro100mm

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家