YOUCHOOSE

about

Display(オオハクチョウ)2010.02.19

オオハクチョウのディスプレイは人間臭くて実に興味深い。
例えば、飛び立つときの合図。
家族のリーダーらしき者が「コォーッ」と一鳴き「みんな準備はいいかな?飛び立つよ」と、まるでお父さんが号令を発しているようでもある。
また、子供を引き連れて飛来した際の挨拶も微笑ましい「みんな~!うちの子供達宜しくね~!」と、深々と頭を下げて紹介する姿がまるで子供の公園デビュー時の母親みたいである。
ところで・・・、この写真の彼はどんな口説き文句を囁いているのだろうか?

ディスプレイとは、求愛や威嚇など行うために、鳴き声や動作、姿勢などでより自分を大きく誇示する行為。

オオハクチョウ(大白鳥)カモ目カモ科。成鳥は全長約140cm、翼開長約230cm、体重約10㎏。雌雄同色。
空を飛ぶ生き物の限界体重ともいわれています。
シベリアやオホーツク沿岸で繁殖をして、越冬の為に日本に飛来する冬鳥。

この時の撮影技法
冬鳥の楽園のひとつ涛沸湖(とーふっこ)網走市小清水町を訪れた。
今回のキーポイントは2つ。
ディスプレイ時の①「微笑ましい表情」と環境の②「スケール感」が重要と考えてカメラポジションを決定した。
①はズームレンズ70~200mmの広角側である70mmで二羽を手前に大きく配置し、オオハクチョウの微笑ましい表情と存在感を際だたせることにしました。
②は絞りをf13まで絞り込むことにより手前のオオハクチョウから右上奥の斜里岳までピントがある程度合うようにして、北海道の雄大なスケール感を画にしてみましたが如何だったでしょうか?

寒暖差による結露対策の話
寒いこの時期、温かい飲み物などをすすると途端に眼鏡が曇る友人を目にし笑った経験は誰にでもあるはずですが、まさにこれの親分みたいな結露が寒冷地には潜んでいます。
例えば、氷点下-10℃での長時間撮影後はカメラボディーやレンズは氷みたいに冷え切っています。
この状態で「いい画が撮れた!」と、意気揚々と宿に戻り、温かい室内でいきなりカメラを取り出し画像確認をしようものなら、急激な寒暖差によりカメラボディーやレンズ内で結露が生じてしまいます。
最悪の場合、電気回路やレンズ内に結露が発生し修理不能ということになってしまいます。
そんな不注意による事故を防ぐには、宿に入る前にビニール袋にカメラを入れて密封し、部屋に戻っても室温に慣れるまで数時間はじっと我慢、決して開けてはなりません。
厳寒での結露対策はゆめゆめお忘れ無く。

カメラ設定
露出設定マニュアル、シャッタースピード1/250秒,絞りF13、ISO100

使用機材
Canon 1Ds MarkⅡ、70~200ミリF2.8ISレンズ(70mmで使用)

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

SMILE2010.02.01

「明日の新潟市の天気予報は雪でしょう」とアナウンスが流れた。
ここ1週間ほどKさんと「雪舞うシーンのトラフズクを狙いたいね」と話していたのである。
この雪の予報に敏感に反応した我々は速攻で新幹線座席指定とレンタカー予約を済ませ車中の人となった。
湯沢を通過するころから車窓には大雪が舞っている「フフフッ」・・・と、二人して顔を見合わせ期待が膨らむ。

が・・・、しかし、そうはうまくいかぬがこの世の習わしで、撮影地は事もあろうに青空があざ笑って出迎えてくれたのである。
天気には勝てないので、雪舞うシーンはあきらめてトラフズクを探すが・・・、2日前の猛吹雪で何処へ移動したようでいくら探しても見つからないのである。
我々はちょっとだけ肩を落としつつ第二の目的オオヒシクイに予定変更する。
そこで向かった先は福島潟近くの田んぼである。
ピュッと行きパッと農道に車を止め、警戒心の強いオオヒシクイを車中から狙っていると、11時の方角からオオヒシクイの群れがこちらに向かって近づいてきた。
騒がしく鳴き交わしながら車の上空を飛び去って行く後ろ姿をファインダーで追い続けると、なんとチラホラとSMILEが見えるのではないか。
(なるほど!あざ笑いの意はこれだったか!?)と私は慌ててSMILEにフォーカスを合わせてシャッターを押した。

オオヒシクイ「カモ目カモ科」
国の天然記念物に指定。雌雄同色。日本には「ヒシクイ」とそれよりも少し大きい「オオヒシクイ」の2種がいる。
大きさはコハクチョウより少し小さく98㎝ほどで翼を広げると約2m。
カムチャツカから越冬のために飛来する。
警戒心が特に強い。謎の多いガンで未だ巣も卵も見つかっていないそうです。
ちなみに、名前の由来は菱の実を好んで食べることからオオヒシクイと名付けられた。

この時の撮影技法
「イマジネーションとシャッターチャンス」
前方からの飛翔よりも、後ろ姿の創り出す面白いデザインにハッとして撮影しました。
偶然にも、眉毛と目にあたる2羽が同時に翼を下に、口にあたる1羽が最適の場所に居て翼を上に上げています。
この撮影にあたり私は以下の様に考え行動しています。
まず撮影意図を明確にしつつイマジネーションを絶えず膨らませ、視点を変えて撮るとどのように見えるのだろうか?
大人の視点では、子供の視点では、虫の視点では、鳥の視点では。
そして、とても大切な要素のひとつである天候。
晴れた日に適した被写体、曇ったときに適した、雨の日に適した、雪の日に適した、嵐の日に適した被写体・・・。
と、視点や天候により限りなくイマジネーションが広がります。
不思議と「シャッターチャンスは今だよ」と、毎回笑いかけてくれるような感じがしています。

カメラ設定
露出設定マニュアル、シャッタースピード1/1600秒,絞りF14、ISO400

使用機材
Canon 5D MarkⅡ、300ミリISレンズ

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家