YOUCHOOSE

about

KOJI SAITO 齋藤光二
株式会社 ドワンゴ ニコニコ事業本部副本部長 DAGE取締役
ネイティブ級の英語力を兼ね備えミュージシャンとしても活動する彼の本職は、あの「ニコニコ動画」のサイト運営である。ゲーム業界を経たあと、Animelo SummerLiveといったメガイベントを成功させてきたこともあり、オタク文化にも造詣が深い。交遊も幅広く社交的である。

アトムの最後2009 / 06 / 28

最近、手塚治虫生誕80周年を記念した「手塚治虫展」が開かれました。
ニコニコ動画でも「手塚治虫アニメワールド」公式チャンネルを展開しています。

そんなこともあって、「鉄腕アトム 別巻」の最後に収められている、マニアの間では知られているカルト的な短編を思い出しました。

私はマニアではありませんが、この話だけはどこかで読んでいて、強烈な印象を持って覚えていました。

鉄腕アトムというと人間のために戦う明るくて元気なロボット。
アニメやコミックを見たこともない人でも、日本人ならそんなキャラとして認識してるんじゃないかな。
最近だとプリウスのCMとかでも見かけますよね。

「アトムの最後」とありますが、この短編の主人公はアトムでもロボットでもありません。
ネタばれになるので書きませんが、絶望的に救いのないストーリーで、手塚治虫自身「陰惨でいやな気分になる」と後に記述したと言われています。

もしかすると、この作品を描くことで、手塚治虫は自らが作り出した正義の味方で良い子のイメージのアトム、そして「ロボット法」への決別宣言をしたかったんじゃないかな、なんて思ったりもします。

昭和45年の作品です。

POSTED BY:
kojisaito_image

KOJI SAITO/齋藤光二
株式会社 ドワンゴ ニコニコ事業本部副本部長 DAGE取締役プロデューサー

このページのトラックバックURL

トラックバック一覧

このページへのコメント一覧

コメントを投稿

(初めて投稿される方のコメントは管理者の承認が必要となります。ご了承ください。)