YOUCHOOSE

about

TSUGIO NISHIMURA 西村次雄
フォトグラファー
1973年、九州産業大学芸術学部写真科卒。同年渡米。1979年、「STUDIO BB」を設立。デジタルの可能性にいち早く気づき、雑誌・広告を中心に一眼レフカメラを駆使して活躍中の”IT写真家”である。建築物、料理、人物、商品、そして動物・植物・昆虫と被写体の幅も極めて広い。

ウルフムーンと雁2023 / 01 / 16

今年最初の満月「ウルフムーン」。
2023年1月8日午前7時30分撮影。霧島市の日の出は07:18分である。山肌が仄かに赤く染まりだしたその時、理想の位置に雁の編隊が現れた。

この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(☆☆☆)」
「主役と脇役でドラマチックに表現」
ここ、霧島市は近年雁がかなり増えていると感じていた。そこで、ただ単にウルフムーンだけではつまらないと思い、ドラマチックに表現する方法を思考した。確率は低いが主役はウルフムーン、脇役は雁の編隊と見立てて画面を構成。その条件に当てはめると、日の出前後の時間帯ならば雁が餌場に向かうはずではと推理。狙いはズバリ的中、カモが葱を背負って来る。

撮影地:鹿児島県霧島市

カメラ設定
絞り値:F8.0、シャッタースピード:1/100秒,ISO感度設定:200、レンズ焦点距離100mm、35mm換算200mm、露出補正:-2.0、ホワイトバランス:オート、ピクチャースタイル:風景、Raw。

使用ソフト
PhotoshopCC23.01(Rawデータ現像)

使用機材

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

このページのトラックバックURL

トラックバック一覧

このページへのコメント一覧

コメントを投稿

(初めて投稿される方のコメントは管理者の承認が必要となります。ご了承ください。)