YOUCHOOSE

about

TSUGIO NISHIMURA 西村次雄
フォトグラファー
1973年、九州産業大学芸術学部写真科卒。同年渡米。1979年、「STUDIO BB」を設立。デジタルの可能性にいち早く気づき、雑誌・広告を中心に一眼レフカメラを駆使して活躍中の”IT写真家”である。建築物、料理、人物、商品、そして動物・植物・昆虫と被写体の幅も極めて広い。

通り雨の一コマ2019 / 07 / 16

曇天ならば、柔らかい光を求めて花の撮影に出掛けるけれど、時に突然の通り雨に出逢うと何気ない風景が一変する。・・・沈思黙考。
                                                   
この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(☆)」                
「通り雨の滴が加わると一片のドラマが生まれる」
上:6月25日、ハイビスカスとオキナワヤマタニシ?                    
例年なら沖縄は梅雨明けしているはずだったが、日差しに見放されながらも東南植物楽園へ向かった。蘇鉄のクロマダラソテツシジミやアマミウラナミシジミなどを探す途中、通り雨。霧雨の中、注意深く歩いているとハイビスカスの花の中に何かを発見した。そ〜っ、と覗いて見るとオキナワヤマタニシのようである。沖縄には沢山のカタツムリがいるのだから、花の中にカタツムリがいても不思議ではないけれど、どうやってハイビスカスの花の中に入ったのだろうか?もしかしてカタツムリは甘い果実も舐めるから甘党か?
                                      
撮影地:沖縄県沖縄市字知花2146 (東南植物楽園)
                   
下:7月7日、ノウゼンカズラとクロスズメバチ                     
東京も霖雨である。東京都神代植物公園に「りんご椿」の実の撮影に来ていた。一通り撮り終え、紫陽花園へ向かう途中、ノウゼンカズラの花の前にて、通り雨にあう。気温21度の低温ながら、沢山のクロスズメバチが吸蜜に来ていた。何故こんなに沢山のクロスズメバチが通り雨の中で吸蜜に来ているのか不思議に思い、後日曇り日に確認に行くも一頭も確認できず。多分、雨では小昆虫も狩れなくて、手っ取り早くお腹を満たすため、ノウゼンカズラの花蜜目当てに来たのかもしれせん。
このように花との関連性を探る事により、どの視点から対象物を切り取るかを沈思黙考する事により、狙いをクリアーに出来るのではないかと思うのです。即ち、あらゆる選択肢の中から、撮影の方向性が定まるとカメラの設定、構図が導き出されると言う塩梅です。
                         
撮影地:東京都調布市深大寺元町5-31-10 (東京都神代植物公園)

カメラ設定
上:絞り値:F7.1、シャッタースピード:1/250秒。ISO感度設定:500。レンズ焦点距離150mm、35mm換算300mm。露出モード:絞り優先Aモード。露出補正:-0.3、ホワイトバランス:オート

下:絞り値:F4.5、シャッタースピード:1/800秒。ISO感度設定:800。レンズ焦点距離150mm、35mm換算300mm。露出モード:絞り優先Aモード。露出補正:±0、ホワイトバランス:オート

使用ソフト
PhotoshopCC2019.0.0使用(Rawデータ現像)

使用機材

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, OLYMPUS M.40-150mm F4.0 IS PRO

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

このページのトラックバックURL

トラックバック一覧

このページへのコメント一覧

コメントを投稿

(初めて投稿される方のコメントは管理者の承認が必要となります。ご了承ください。)