YOUCHOOSE

about

TSUGIO NISHIMURA 西村次雄
フォトグラファー
1973年、九州産業大学芸術学部写真科卒。同年渡米。1979年、「STUDIO BB」を設立。デジタルの可能性にいち早く気づき、雑誌・広告を中心に一眼レフカメラを駆使して活躍中の”IT写真家”である。建築物、料理、人物、商品、そして動物・植物・昆虫と被写体の幅も極めて広い。

ひだまりの眠り猫2018 / 02 / 13

野暮用ながら岡山の吉備津彦神社に居た。そこで、白い猫が気持ち良さげにウトウトしているのを目にする。ごく平凡な風景ながら、私は何故だか猫が微睡んでいる場所に、妙に囚われてしまったのです。そう、スズメはいませんが、まさにこの白猫が神様の神勅をさずかりながら、居眠りをするほど・・・。

この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(☆)」
「ひだまり感を明暗のコントラストで強調」
撮影技法を語るまでもありませんが、ただ一つだけ取りあげると「ひだまり感」が命です。ひだまりを強調するために影はあくまでも深く暗く、ひだまりは暖かな色温度5400Kでぬくぬく感を表現する。この様に順光の強い光を利用してひだまり感を表現する事が今回の肝のひつと考えました。そして、俗世の雑音などまるで聞こえぬかの様にウトウトと眠る猫。私は邪魔をせぬようにシャッターを消音設定にしてそ〜っと「・・・・・・」。

撮影地:吉備津彦神社 岡山市北区一宮1043

カメラ設定
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, 絞り値:F8、シャッタースピード:1/1250秒,ISO感度設定:400、レンズ焦点距離29mm、35mm換算58mm、露出モード:マニュアル、露出補正:-1、ホワイトバランス:オート、ピクチャースタイル:スタンダード、16ビットRaw

使用ソフト
PhotoshopCC19.1.0使用(Rawデータ現像)

使用機材

OLYMPUSのOM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

このページのトラックバックURL

トラックバック一覧

このページへのコメント一覧

コメントを投稿

(初めて投稿される方のコメントは管理者の承認が必要となります。ご了承ください。)