YOUCHOOSE

about

TSUGIO NISHIMURA 西村次雄
フォトグラファー
1973年、九州産業大学芸術学部写真科卒。同年渡米。1979年、「STUDIO BB」を設立。デジタルの可能性にいち早く気づき、雑誌・広告を中心に一眼レフカメラを駆使して活躍中の”IT写真家”である。建築物、料理、人物、商品、そして動物・植物・昆虫と被写体の幅も極めて広い。

年の始めのえべっさん2018 / 01 / 18

「♪商売繁盛で笹持ってこい!年の始めのえべっさん♪」
若い女性の威勢のいいお囃子が鳴り響き、釣られるように福笹を手にした参拝者は狙いの福娘に縁起物を授けてもらい、商売繁盛♪。ここの10日戎に選ばれし福娘は才色兼備の18〜23才(高校生除く)の未婚の女性。履歴書に福娘経験者と書けば縁起を担ぐ大企業などに引く手あまたとか。

この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(☆)」
10日、大阪での仕事が思ったよりも早く終わったのでタクシーで「今宮戎神社」へ向かうも、凄い混雑である。この様な人混みでは出来るだけ軽装が鉄則なのですが、コインロッカーも見当たらずローラーキャスター付きカメラバックとライトスタンドを担ぎ、「堪忍でっせ〜」という気持ちで飛び込んでいった。出来るだけご迷惑にならない様に、ノーファインダーでパパッと撮影。

「スナップショットの極意はノーファインダー」
学生の頃、スナップショットの名手アンリ・カルティエ=ブレッソンは露出、距離などの設定はカメラを一切みる事なく瞬時に動かす練習を重ね、人に気付かれる前に撮影していた事を知り、私も密かに練習を重ねました。すると露出計、撮影距離などノーファインダーでどれだけフォーカスリングを回せば良いのか体が覚えてしまうので、あとは被写体に集中するだけと言う塩梅です。神の使いである巫女さん達は、肖像権なしと説明会で告げられているので、撮影にはとても協力的で笑顔を振りまいてくれます。

1)人混みでは手動でのピント合わせが鉄則です、AFに任せではどこにピントが合うか分かりません。
2)画角は主役を活かす構図に合わせて事前に選びます。
3)ISO感度は大体の平均を計算に入れ今回はISO感度800に固定。
4)露出モードはオートで問題なし、今回は絞り優先。

撮影地:大阪府大阪市浪速区恵美須西一丁目 今宮戎神社

カメラ設定
OLYMPUSのOM-D E-M1 Mark II, AF:手動、ISO感度設定:800固定、露出モード:絞り優先オート、露出補正:±0、ホワイトバランス:オート、ピクチャースタイル:スタンダード、Raw

使用ソフト
PhotoshopCC2018.0.0使用(Rawデータ現像)

使用機材

OLYMPUSのOM-D E-M1 Mark II, M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

このページのトラックバックURL

トラックバック一覧

このページへのコメント一覧

コメントを投稿

(初めて投稿される方のコメントは管理者の承認が必要となります。ご了承ください。)