YOUCHOOSE

about

TSUGIO NISHIMURA 西村次雄
フォトグラファー
1973年、九州産業大学芸術学部写真科卒。同年渡米。1979年、「STUDIO BB」を設立。デジタルの可能性にいち早く気づき、雑誌・広告を中心に一眼レフカメラを駆使して活躍中の”IT写真家”である。建築物、料理、人物、商品、そして動物・植物・昆虫と被写体の幅も極めて広い。

ゆか紅葉(ISO感度25600の世界)2017 / 12 / 03

仕事で大阪に向かっていたがピークの紅葉を撮りたくて京都で途中下車した。
バスに揺られ、南禅寺を目指しているとポツリポツリと小雨になって来た。これも一興、薄暮のころ南禅寺に到着。観光客も少なめで一時境内をブラブラ。
—–流石にありきたりの紅葉写真に飽きてきたころ、南禅院の入り口に立って居た。感応に導かれ、拝観料を支払い門をくぐると、不図「ゆか紅葉」が目に飛び込んできた。
まさに、幽玄閑寂。

この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(☆)」
画素数4575万画でありながら、高感度にめっぽう強い最新のNikonD850。
レンズは70-200mmf/4.0VR、光のとぼしい時間帯ゆえ、ISO感度を常用感度域の25600まで上げる。
主役の「ゆか紅葉」を強調するために、つま先立、頭上に掲げてチルト式モニターで構図を確認しつつの至極不安定な撮影スタイルを強いられてシャッターを切る(三脚はご法度である)。信じられないかもしれませんが、この画素数で結果はカメラブレほとんど無し。今までのカメラなら撮影を躊躇してしまう撮影条件下ながら、撮影難易度は、鼻歌交じりの星1つ。
すごいぞNikon!

撮影地:京都「南禅寺の南禅院にて」

カメラ設定
NikonD850, 絞り値:F7.1、シャッタースピード:1/100秒,ISO感度設定:25600、レンズ焦点距離110mm、露出モード:マニュアル、露出補正:±0、ホワイトバランス:風景オート、Raw

使用ソフト
PhotoshopCC2018.0.0使用(Rawデータ現像)

使用機材

NikonD850、70-200mmf/4.0VR

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

このページのトラックバックURL

トラックバック一覧

このページへのコメント一覧

コメントを投稿

(初めて投稿される方のコメントは管理者の承認が必要となります。ご了承ください。)