YOUCHOOSE

about

TSUGIO NISHIMURA 西村次雄
フォトグラファー
1973年、九州産業大学芸術学部写真科卒。同年渡米。1979年、「STUDIO BB」を設立。デジタルの可能性にいち早く気づき、雑誌・広告を中心に一眼レフカメラを駆使して活躍中の”IT写真家”である。建築物、料理、人物、商品、そして動物・植物・昆虫と被写体の幅も極めて広い。

金沢の楊貴妃2017 / 05 / 01

嬉しいことに、兼六園で仕事が終わり、その場で解散となった。
速攻で帰るほど野暮ではない、のんびりと桜を愛でることにした。入り口で頂いたガイドには、日本で一番花弁の多い、とても珍しい「兼六園菊桜」があると記してある・・・。

まだ見ぬ、お菊さんにやっとたどり着けたのだが、残念ながら未だ固い蕾の状態であった。口おしいが仕方ない、またの楽しみとす。次に、花名に惹かれてサトザクラの一種「楊貴妃」に会いに行く。名前に違わず、麗しく美しい。茶屋の女将の話では「咲きましたね〜、朝方はまだ咲いていなかったのですよ」まさに最高のタイミングに来た事になる。恥じらうかのように咲き始めた「楊貴妃」を見つめてていると・・・。

「ん!」 

この時の撮影技法「撮影難易度3星表記(☆)」
「視点をかえて見る」 
妖艶な八重咲きの桜「楊貴妃」である。ただ、美しいと思う反面、何か他にポイントはないものかと思考。すると、チョットだけ視点を変えて見ると、閃き!「おっ!ハート形のブーケ」。あとは流れに任せてトライするだけ。ふと隣に目をやるとスマホかざす若い女性達。「これハート形ですよ」と指差すと「キャー、カワイイ!」。羨ましい、男の感情の振り子はそこまでは大きく振れてくれないのだ・・・。これは、脳科学で言うところの、男性は「目的脳」、女性は「共感脳」の違いから来ているのだろうか?

撮影地:石川県金沢市 兼六園

カメラ設定
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, 絞り値:F4.0、シャッタースピード:1/320秒,ISO感度設定: 200、レンズ焦点距離172mm、露出モード:マニュアル、露出補正:±0、ホワイトバランス:オート、ピクチャースタイル:スタンダード、Raw

使用ソフト
PhotoshopCC2017.0.0使用(Rawデータ現像)

使用機材
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

POSTED BY:
tsugionishimura_image

TSUGIO NISHIMURA/西村次雄
写真家

このページのトラックバックURL

トラックバック一覧

このページへのコメント一覧

コメントを投稿

(初めて投稿される方のコメントは管理者の承認が必要となります。ご了承ください。)