YOUCHOOSE

about

AKIRA OKAJIMA 岡島朗
有限会社楽脳 取締役
某大手コンピュータ関連出版社で編集者として活躍、のちに映像企画制作・テレビ番組制作などを主たる事業とする「楽脳(らくのう)」を石井忍氏とともに設立。パソコン、インターネット、テレビ、芸能と守備範囲は広いが、特に映画関連の業務が多いこともあり映画に造詣が深い。

ラブリー・ボーン2009 / 06 / 30

今回は弊社、有限会社楽脳の代表取締役・石井の最新刊をご紹介&オススメいたします。まずは、本人のコメントから。

・・・・・・・・・・・

「ラブリー・ボーン」は、14歳で殺されてしまった少女スージーが、天国と地上の狭間から、残された家族がたどる崩壊と再生のようすを見とどける物語です。
もちろん、娘の死というショッキングな事実を目の前にした家族の関係は音をたてて崩れていくのですが、崩壊していくのはそれだけではないのです。ゆっくりと静かに崩れ落ちていくもの、それは人の心です(最近は、「心が折れる」という言い方が流行っているようですが)。

長い時間をかけて壊れていったものが、元のとおりと言わないまでも、少しずつでもまた動き出すには同じように長い時間が必要なのです。性急でないリアリティは、雪の結晶のように繊細で緻密な情景をつむぎだしていきます。それはまたとても力強いものでもあります。

時間をかけて形成される雪の結晶を追いかけながら、「ラブリー・ボーン」の世界を楽しんでください。

ちなみに、この「ラブリー・ボーン」を原作として、「ロード・オブ・ザ・リング」「キングコング」のピーター・ジャクソン監督が新作映画に取り掛かっています。アメリカでの公開は今年の12月。日本では来年、2010年の初頭というところでしょうかね。この小説を、あの監督がどう料理しているか、これも楽しみでなりません」

・・・・・・・・・・・

まず、なかなかショッキングな内容であるとはおわかりかと思いますが、しかしながら読みやすさとストーリー展開の見事さで、ぐいぐい読み進められます。そして読後感、不思議な感覚に囚われます。たとえば、それは悲劇の中にしかしない人間の心の風景とでもいいましょうか。そんな濃厚な時間を味わえる傑作です。ぜひご一読ください。

POSTED BY:
okajima_image

AKIRA OKAJIMA/岡島朗
有限会社楽脳 取締役

このページのトラックバックURL

トラックバック一覧

このページへのコメント一覧

コメントを投稿

(初めて投稿される方のコメントは管理者の承認が必要となります。ご了承ください。)