YOUCHOOSE

about

HIDEO SAITO 斎藤英夫
音楽プロデューサー・作曲家・編曲家・ミュージシャン
森高千里や夏川りみなどの作品やプロデュースで知られる。 発表楽曲数は約190曲、代表曲はレコード大賞最優秀編曲賞ノミネート曲「渡良瀬橋」森高千里(’92)、レコード大賞新人賞獲得曲「今度私どこか連れていって下さいよ」加藤紀子(’93)など。日本テレビ「歌スタ!!」出演中。

夏川りみ #3(敬称略)2009 / 07 / 16

アンドレア・ボチェッリとのデュエット、しかもイタリア語で、というかなり大きな負荷をかけられた夏川さんは、果たして、ロス入りした。デビッド・フォスター、アンドレア・ボチェッリ両氏の歓迎を受け、いざレコーディングに。

そこにレコーディング・エンジニアとして控えていたのは、これまた超大物、フンベルト・ガティカ氏。かの「We Are The World / USA for AFRICA」で、クインシー・ジョーンズの片腕としてタッグを組んでいたエンジニアである。同行した(日本の)プロデューサーの方は大感激。夏川さんは「誰それ?」相変わらず天真爛漫である。肝心のレコーディングは、イタリア語もまったく問題無く、フォスター、ボチェッリ両氏とも大絶賛だったそうだ。

アルバム「想い風」にボーナストラックとして収められている「ソモス・ノビオス~愛の夢」、是非ご一聴願いたい。我々が普段知っている夏川さんとはまったく別の、「日本が誇れるシンガー」がそこにいる。ワタシの場合聴いたとたん笑ってしまった(あまりにハマっていて、しかも異次元の凄さを感じたからにほかならない…)。

さて、ここからはあくまでワタクシの個人的な憶測の域を出ないので悪しからず。
それまでの音楽的範疇とはまったく違う音楽を表現している自身に接し、超大物の皆さんから絶賛され、当然、目からウロコの100枚や200枚落ちるであろう経験をした夏川さん。この「事件」をきっかけに開眼したとしても、誰が責められよう。上記アルバムのレコーディングが2006年前半から始まり、発売が翌2007年3月に控えていた時期に、既に報じられている通り、2007年初頭にある決意をしたとしても…。

POSTED BY:
hideosaito_image

HIDEO SAITO/斎藤英夫
音楽プロデューサー・作曲家・編曲家・ミュージシャン

このページのトラックバックURL

トラックバック一覧

このページへのコメント一覧

コメントを投稿

(初めて投稿される方のコメントは管理者の承認が必要となります。ご了承ください。)