YOUCHOOSE

about

HIDEO SAITO 斎藤英夫
音楽プロデューサー・作曲家・編曲家・ミュージシャン
森高千里や夏川りみなどの作品やプロデュースで知られる。 発表楽曲数は約190曲、代表曲はレコード大賞最優秀編曲賞ノミネート曲「渡良瀬橋」森高千里(’92)、レコード大賞新人賞獲得曲「今度私どこか連れていって下さいよ」加藤紀子(’93)など。日本テレビ「歌スタ!!」出演中。

夏川りみ #1 (敬称略)2009 / 06 / 24

そもそもシンガーってのは(※最近はなぜかアーティストと呼ばれているが)ウタのうまいヤツの職業じゃないのかい?って思いながら、いつもキー合わせをする。そこでムチウチになりそうなほどうなずいている貴兄は同業の方ですな?

「キー合わせ」とは曲のキー(音程)をシンガーの声の音域に合わせる作業だ。ほとんどの場合、シンガーの音域の一番高い音に、メロディーの最高音を合わせる。ところが、この「一番高い音」がたいして高くない事が多い。ちゃんとした声の出し方を知らないから音域が狭いのだ。で、冒頭のグチが・・・。

ある時、「夏川りみ」のプロデューサーから曲の依頼を頂いた。音域は2オクターブ。これは日本ではめったにお目にかかれないほど広い。いさんで音域2オクターブぴったりの曲を書いた。ビクター青山スタジオでキー決めの日、プロデューサーから「どの辺りがいい?」と聞かれた。

一瞬意味が分からなかった。音域が2オクターブあるにもかかわらず、上下共に余裕があるのだ(普通ならパンパンなはずなのに)。軽いショック。

「夏川りみ」と言えば、紅白で7年連続歌い続けた国民的スタンダード「涙そうそう」のヒトである。アルバムは日本中の子守歌集である。子守歌なんか歌ってる場合ぢゃないんじゃない?!聞くところによれば、セリーヌ・ディオンが歌った、タイタニックのテーマを原キー(元の高さ)で歌えるらしい。なるほど、音域だけじゃなく、歌唱力も、軽くアメリカのR&Bシンガー並みだ。。。恐れ入りました。今までお仕事させて頂いたシンガーの中では断トツでナンバー・ワン・シンガーです。

その夏川さん、レコーディングの最中に別のレコーディングでロサンジェルスに行く事になった。スタッフが持っていたロスのプロデューサーのプロフィールにはそうそうたる名前が出ている。「誰のリスト?」と聞いたら、「デビッド・フォスターのです」と。えっ?ここでもまた軽いショック。さて夏川さんは・・・。

POSTED BY:
hideosaito_image

HIDEO SAITO/斎藤英夫
音楽プロデューサー・作曲家・編曲家・ミュージシャン

このページのトラックバックURL

トラックバック一覧

このページへのコメント一覧

コメントを投稿

(初めて投稿される方のコメントは管理者の承認が必要となります。ご了承ください。)