YOUCHOOSE

about

SHOWKEN HIRASAKA 平坂彰謙
株式会社CAMELSTUDIO 代表取締役社長
抜群の安定感と驚異のパワー・ドラミングでダイナマイトポップスの音楽を支える、まさにバンドの支柱的的存在。リラックスとのコンビネーションにより最強のリズム・セクションを作り上げる。またDMやCDジャケットのデザインを担当する、ダイポプのアートディレクターでもある。

太平洋奇跡の作戦 キスカ2009 / 07 / 28

軍事関係は本も読みましたが、映画も漁るように見ました。中でも秀逸なのが、この「太平洋奇跡の作戦 キスカ」であります。
たぶん「どんな内容か」「どこが面白いのか」というのを書き出すとトンデモない長さになりそうなのでやめときます。

「キスカ」とは太平洋の北側に位置するアリューシャン列島に実在する島の名前。昆虫怪獣や殺虫剤みたいな名前ですが、違います。
主役はあの三船敏郎さんですよ。脇役に加山雄三さんも出てきます。ちなみに女性はほとんど出てきません。
しかし、映画界の定説として、「男しか出ていない映画に駄作無し」というのがあるそうです(故・淀川長治先生の名言とか)。

敗戦に向かって悲惨な一途をたどる太平洋戦争の中で、現場の指揮官がとった人道的かつ頭脳的な作戦が成功するという史実に基づいたストーリーで、それほどカネをかけたという感じがしないにもかかわらず、何度観ても実に感動します。

おそらく「事実である」という、よくできたハリウッド映画にありがちな「どうせ作り物だから」的なものと正反対な、”重み”からくる迫力と説得力。
そして誰がどう見ても「わからずや」ばかり、もっと言えば自分の立場やメンツのことにしか頭にない軍の幹部(んー、今の日本も実は変わってないか!?)に中にあって、正義と正論を貫き成功させるという、こちらもハンパな監督や脚本家ではなかなか演出できない「スカッと爽快感」。
観る人によって感じ方も違うとは思いますが、このへんに、この映画のスゴさがあると自分は思います。
まあ結局戦争は本件と全く関係なく負けちゃうんですけどね。

POSTED BY:
showken_image
Showken Hirasaka
Camelstudio Co., Ltd.

Check

 

このページのトラックバックURL

トラックバック一覧

このページへのコメント一覧

コメントを投稿

(初めて投稿される方のコメントは管理者の承認が必要となります。ご了承ください。)